症候性頭痛

症候性頭痛とは、いったいどのようなものなのでしょうか。
頭痛が起こる原因には、さまざまなものがあります。

その中でも、何らかの病気が原因で起きる頭痛のことを、症候性頭痛と呼びます。


この頭痛が起きる病気にはさまざまなものがあるので、まずはそれを知っていきましょう。


脳梗塞・脳出血は頭痛の原因になりますが、人によっては頭痛が起こらないこともあります。

これは薬による血流の再開や、手術による血腫の抜き取りによって治療します。


くも膜下出血による頭痛は、頭をハンマーで殴られたような激しい痛みが襲い、昏倒してしまう可能性もあります。

頭痛の前にふらつきや意識障害、視覚・聴覚の異常があるときは、脳腫瘍が原因で頭痛が起きている可能性があります。


現代人にとって起きやすいものの1つとして高血圧がありますが、これが原因によって頭痛が起きることもあります。

脈拍に合わせてズキズキと痛むようなことがあれば、高血圧が原因で起こっている頭痛だと考えると良いでしょう。


この他にも症候性頭痛を引き起こすものには、さまざまなものがあります。

頭痛が出たときには、まずそれがどういうタイプの痛み方のものなのか、それを引き起こす原因はなんなのかを考えるようにしてください。


頭痛の種類によっては、日常生活を見直すようにするだけで解消されるようなものもありますが、症候性頭痛の場合は病院へ行かなければ対処することはむずかしいでしょう。

何か異常があったら、すぐに病院へ行くようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。