頭痛とカフェインの関係

頭痛とカフェインの関係について、覚えておきましょう。

カフェインを摂取すると頭痛に効果があるという話を、聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

カフェインには血管の収縮作用があり、これが脳の血管に対して働くことによって、頭痛に効果があると言われています。


偏頭痛に悩まされている方にとってカフェインは効果的なものなので、覚えておくと良いでしょう。

しかし血管の収縮作用はすべて良い方向に働くというわけではありません。

高血圧で血管が広がると頭痛になりますが、逆に血管が収縮しすぎても頭痛を引き起こしてしまうからです。

頭痛があるからといってカフェインを摂取し続けていても、何が原因なのかを把握せずに飲んでいては、逆効果になってしまう可能性があります。


頭痛にカフェインは効果的なものですが、その効果が良い方向に働くのか、悪い方向に働くのかを知っておきましょう。

カフェインは人によって相性があるのもので、作用としては効果が期待できるが、身体に合わない人が無理に飲んではいけません。


せっかく頭痛が解消されたとしても、別な体調不良を引き起こしてしまう可能性があるのです。
効果的なものではありますが、やはり医師に相談して決めることをおすすめします。

よほどの量でなければ問題ありませんが、カフェインを過剰摂取すると中毒症状を起こしてしまう可能性があります。

ただ飲めば良いというものではなく、身体のことを考えて正しく摂取するようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。