頭痛の原因

頭痛の原因にはさまざまなものがあるので注意しましょう。

頭痛の原因を知る前に、頭痛の種類について知らなければいけません。


頭痛には一過性のものと、慢性のものと、病気からくるものにわけられます。

一過性頭痛として代表的なものとして、二日酔いからくるものがあります。


これはアルコールが体内で分解されるときにできる物質が、原因となっています。

この他にも、薬の副作用によって引き起こされるものがあるので、頭痛が起きたときは何をしたのかを思い出してください。


この他にも風邪によるものや、目・鼻・アゴの変調が原因によって引き起こされる頭痛があります。

慢性頭痛で代表的なものは、偏頭痛と緊張型頭痛があります。


偏頭痛は血管の炎症が原因によって引き起こされるもので、脈打つように痛むものです。

緊張型頭痛は筋肉のコリからくるもので、肩や目が疲労したときに起こりやすいものです。


どちらも日常生活で気をつけていれば、極力防ぐことができるものなので、気をつけてください。

病気から来る頭痛は、それこそさまざまなものがあります。


くも膜下出血の場合は、バットで殴られたような激しい頭痛になります。

脳腫瘍が原因の頭痛は、ものが二重に見えるというものや、手足に力が入らないという症状があります。


この他にも髄膜炎や脳出血、脳梗塞などが原因で起きるものもあります。

明らかに原因がわかっているものならともかく、原因不明の頭痛が発症した場合は病院へ行きましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。