偏頭痛

偏頭痛とはいったいどのようなものなのか、まとめてみたので参考にしてみてください。
偏頭痛は頭の片側か両側が、脈打つようにズキンズキンと痛むタイプの頭痛です。

症状が酷くなると、吐き気や嘔吐といった不快感を伴い、一度発症すると数時間から2〜3日は持続してしまうものです。


偏頭痛がどれだけの頻度で発症するのかはその人次第ですが、多い人だと一週間に1回くらいの頻度で起きます。


偏頭痛の特徴として、痛みがあるときに頭の位置を動かすと、痛みが悪化するというものがあります。

また光や音に対して過敏になるため、普段は気にならないようなものでも不快に感じてしまうことがあります。


偏頭痛がなぜ起きるのかは、人によってさまざまです。

ストレスが1つの原因になりますが、ストレスから解放されたときにも頭痛が起きてしまうことがあります。
偏頭痛を防ぐためには、なるべくストレスを避けることが重要です。

まったくストレスのない生活というのは無理ですが、できるだけ抑えることはできます。


楽しいことをしてストレスを解消していくことも重要なので、十分に気をつけてください。

ストレスから解消された場合でもと書きましたが、これは溜まりに溜まったストレスから解放されたときのことなので、やはり溜め込まないことが重要です。


それでも偏頭痛が良くならないというときは、医師に相談してみてください。

偏頭痛はしっかりと対処すれば、その症状を抑えることができるので、自分一人でなんとかしようとせずに、頼れるものはなんでも頼りましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。